« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »

2003年9月

2003年9月27日 (土)

美味しいご飯と酒が元気の素だから

昨日一昨日と遅番で、今日は休日シフトで朝から。
昨日寝るのが遅くなってしまったもので1日眠かった。

ご飯は後でって思ってパンを1個食べて、そのまま「ちょっとだけ」って帰って寝ていたら11時過ぎまで寝てしまったぞ。
取り敢えず、そうしたら今晩は夕食はもうなくてもいいかな。
折角、ニンニクたっぷりのステーキ(フクロウだから肉を食う。でも、200円だった(笑))食おうと冷凍庫から下ろしていたのにー。
明後日は仕事なので、明日はニンニクたっぷりに出来ないです。
うーむ。

つーか、時々おなか空いて会社帰りに肉まん1個食ってみたりとかしていると結局後で「夕飯いらないかな」ってことが本当に時たまだけどある。
なら、夕飯はサラダとパン1個とかにしとけば安上がりだし健康的だし痩せるのでは?と思うのだが。

でもでも、やっぱり夕飯は美味しいご飯とお酒をゆっくり楽しみたいのである。
やっぱこれが元気の素なんじゃないかなとか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月23日 (火)

秋晴れ

秋晴れです

昨日今日と秋晴れです。
晴れ具合は昨日の方がすごかった。遅番で出勤のため車走らせながら仕事があることを悔やんだ。こんな日に山に行くべきだってばー!!

今日もそれなりに晴れています。
実は友達と洗車に行こうと話していた。
洗車場で洗うと、たとえば水を止めていても時間が経って終ってしまう。それなら、車2台で並べて取り敢えず最初に水をかけておいて、それぞれ洗ってからまたお金を入れて水を出せばいいのではないか?という計画があったのだった(笑)
しかし・・・。行ってみたら洗う場所には1台分しか入れなくなっている。他ももう1箇所行ったけど同じ。
以前行ったところなら2台並べられたかもって行ってみた。そうしたら、そこは潰れていた(しかも、ちゃんと仕切りあった)(爆)

3軒目が松本市外れだったもので、もう今日は諦めることにする。
で、どうしようかってことで、温泉に行ってしまいました。

ちょっと遠いけど、以前行ってすごく雰囲気が良かったので再度行ってみたかった小谷温泉。行ってしまいました。

以前に行ったのはいつだっけって考えたら10年前だった・・・ひと昔(笑)
でも変わってなかったー。志だけ入れる箱とか(箱は多分変わってたかな)。取り敢えず蛇口とかはなくて温泉しかないとこ。回りはやっぱり覚えていた通り葦簾張りで、女風呂が上で男風呂は見下ろせる(爆)
でも、今回気づいたが、女風呂と男風呂の分岐の場所で既に男の人入ってるの見えてるし(爆)
それから、森の中で木の間から見える空がやたら綺麗なこと。とにかく深い森の中の温泉って感じでした。
10年ぶりですが、やっぱりここは好きな場所だー。

実は人が切れたら温泉の写真とか撮ろうと思って居たけれど、さすが祭日。
最初二人入っていた人達が出たと思ったら次々に二人ほど来た。
また平日にでも行って撮ってきます。

ってことで豊科でご飯食べて帰ってきた。飲まない友達に送ってもらってしまった。私の車は豊科だ。
明日同僚と遊びに行く約束になっている。実は私が迎えに行く予定だったのであるが、来てくれるようにお願いのメールを出さなければである。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月21日 (日)

元気に老いよう!!

明日は遅番。ご飯は出来ている(昨日のカレー)、休日は帰りが早い。
ってことで退社後は結構るんるん♪
バーゲン中のジーンズショップによって、突然寒くなったこともあって買い物。
ネルのシャツとか花柄だけどコーデロイのシャツとか、安くなってたTシャツとかラフなものばかり。
実は一応東京に居た時には、毎日スーツとまではいかないけど、普通の勤め人程度な服装はしていたわけだ。
今の会社は別にGパンでも構わないもので(つーか、ほとんどの人がGパンだし)、こっち来て買った服といえばGパン&Tシャツとかラフなシャツばかりだったりする。
個人的にスカートが嫌いなわけではないです。しかーし。ストッキングはすごくとても嫌いなのだ。おかげさまで、松本近辺でちゃんとした服が買えるお店は知らないです。しかも、以前のスカートとかスーツはウエストまずいぞ。
困ったことである。

で、夕飯はカレー&昨日のご飯の残りが少なかったものでナンを買ってきてみた。
そしてワインを飲んで。明日の朝は遅いもので今日は「飲むぞー」の日にしたため、結局ワインを1本開けてしまったのであった。あらあら。でも、幸せ〜♪


TV番組で情熱大陸って結構好きです。
今日は高桑信一さんという登山家です。
元々はサラリーマンだったのが、好きなことやるために辞めて、今は山三昧。かっくいい。

そうだな。折角東京捨てて信州に来てみたわけだ。
やっぱりかっくいい老後を是非目指したいものである。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月20日 (土)

突然寒い

昨日まで暖かくて、夜も白熱灯&PCとかついている部屋は窓を開けても30度とか30度弱とかあったわけです。
南北の窓を開けても、いまいち風の向きによっては昼間の熱気がなかなか抜けないんだよね。

しかし今日は突然窓を閉めても20度なのである。
突然10度も下がったら寒いって(笑)

人間の温度の許容範囲って狭いよな〜と思ったりする。

でも、馴れってのもあるよね。
毎日10度の時から春の20度は暖かいもんなぁ。

とにかく松本は温度差が有り過ぎるし突然過ぎ。
今日は半数位Tシャツの人も居て、凍えておりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月14日 (日)

【信州Walking】白駒池&高見石

HP内、信州Walkingから転載したものとなります。赤字で書いているのは転載時に書いた注釈です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回は以前から大好きな白駒池&高見石です。
最初に訪れたのが中学校の移動教室(林間学校みたいなもの)。その後、信州に移住する前の年にも行っています。 松本からそう近い場所ではありませんので、信州に来てからは初だったりします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

市内コンビニでいつも通り買い物&朝食。
台風が北の方に去った日で、松本市内の天気はいまいち曇り。さて、山はどうでしょうか?
今回も、ビーナスラインを抜けて行くことになりました。

200309141
ビーナスラインから。夢の様に綺麗な空が広がっていました。

200309142_2
駐車場は結構混んでいる。3連休なことを忘れておりました。

200309143
ここから出発です。12:10。

出発地点から池までの原生林がとても綺麗なのです。でも暗いので綺麗に撮れませんでした。三脚が必要だな。カメラを持って腰を据えて撮っている人が沢山いました。見たい方は是非1度実際に訪れてみてください。とても綺麗な場所です♪
うーん、私も空いている日に来たい。

200309144
今回初めて、池からではなく途中の分岐から登る。いつもは一旦池まで行ってからの道を登ってました。こちらは平坦な道が続き、これで辿り着けるのかって不安になる感じ。でも辿り付きました。なんて楽なんだ~!!
池からの道は険しいし、結構岩があったり大変なのです。

200309145
途中で見かけた植物。真っ赤な実。

200309146
お洒落なオープンカフェ風、高見石小屋。さて、ここから高見石の上まではあと一歩!  

200309147_2
高見石を私は撮っていませんでした。ということで、友人からもらった写真です。 登ってるのは私です。
巨大な岩がごろごろしています。 全身を使わないと登れない。結構怖い!!

200309148
岩をよじ登り、頂上の岩の上を渡っているうちに段々なんだかなれてくる。
岩の上から白駒池を望む。 この景色が良いのです。

200309149
雲は多かったけれど、空は綺麗な日でした。
下りは池まで向かう道。やはりこちらの道は結構きつい。

2003091410
なぜか妙に神秘的に撮れた白駒池。

2003091411
池をほぼ一周して青苔小屋。

2003091412
先ほどの雰囲気とはまた違う、のどかな秋晴れという感じです。

2003091413
とにかく秋晴れの空が綺麗な日でした。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回は気軽にって感じで歩いてきました。池1周も含めて2時間半弱。
達成感というのはないけど、気持ち良くあるけるし、こういうのもいいな。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

夢でも訪れるくらい、大好きな場所。また行きたいです。(2015.7.2・記)

| コメント (0) | トラックバック (0)

大好きな場所

白駒池 なんか不思議な雰囲気に撮れた。 お気に入りの1枚

今日もまたアウトドア友達のJ君とトレッキング。今回は白駒池&高見石です。
ここも高ボッチと並んで大好きな場所である。最初に行ったのは中学の時の移動教室(林間学校みたいなの)。松本からちょっと距離があるので3度目になるけど、こちらに住み始めてからは初めてです。

実は計画をたてた段階で、世間が3連休なのはすっかり頭になかった。
そして、先週の蓼科山、パラグライダーと休み度の外出で疲れており、8時に家を出る予定が、結局実際には9時でした。
うーん、到着したら混んでいた。結構マイナーな場所ではあるのだけどな。

白駒池は鬱蒼とした原生林に囲まれた場所で、高見石は池の傍の山の上。池手前の遊歩道途中か池のほとりからのルートで30分程の登りです。
今までの2回は池のほとりからのルートでしたが、今回はじめての遊歩道途中からのコースは・・・、これは楽だ!!
こんなに楽に辿りつけるんだったのか〜(笑)
前回は富士山登山の1ヶ月位前で、30分の登りで筋肉痛になっておりました。まあ、おかげで富士山で筋肉痛になることはなかったので良かったのだけど。

高見石というのは、山の上に巨大な岩がゴロンゴロン積んである場所。山の名前が他にあるのかはわからないですが、この辺り自体が高見石と呼ばれているみたいです。
この岩をよじ登るのは最初なかなか怖いのですが、頂上はすぐ上だし、上からの光景はもう「すごい!!」としか言い様がありませんのでとにかくお勧め。

とにかく、気軽に登れる場所ですし、お勧めの場所ですよ♪

ってことで、遅く行ったために駐車場に着いたのは14時40頃かな。
今回は軽いトレッキングなので昼食は下りてから食べに行こうとなっていたので、車を走らせて諏訪へ。
塩天丼を食べに行こうと言っていたのですが、昼の営業は終っておりました。
しょうがないので、今回はその近くのステーキ屋さんで16時半までやっているランチ。
16時位のお昼だ〜。

流石に休み度に遊んでいたので、今はとても眠いー!!
夕飯の下ごしらえだけしたけど、まだおなか空かないしな。
風呂でも入って、おなか空いたら食べようかな。

トレッキングのレポートはまた後で・・・(笑)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月11日 (木)

飛んで来ました

白馬の田園風景 前方の白い花は蕎麦畑です

ふくろうだからたまには飛ばなきゃってことでパラグライダーの体験コースに参加してきました。
地元のタウン誌で無料体験教室の募集があった、栂沼パラグライダースクールです。
朝9時に集合で9時半開始。
栂沼は豊科から1時間半なので松本からなら2時間かからないはずではあったのですが行ったことがないこともあり、5時半頃起きて6時過ぎに出発しました。
眠い!!

豊科からのオリンピック道路はほぼ自動車専用の状態で信号もほとんどない。おかげさまで、途中のコンビニで朝食食べたにも関わらず手前の白馬まで1時間程。
噂には聞いていたけど、白馬って近いんだ。今年は白馬にスキーに行くことを心に決める(笑)

白馬の道の駅で休憩して40分程寝てから栂沼に向かう。それでもだいぶ早めに着いた。
パラグライダーはもっと大変かと思ったけれど、風に向かって走ると自然にふわっと浮くのです。
気持ち良い!!始めてなのでそんなに沢山は飛べないですが、それでも10m程は飛べたかもです。
でも、まだまだ必死でしたが(笑)

ちなみにパンフレットもらって来ましたが、A級ライセンス取得コース(1番簡単なの)は、3ヶ月有効回数制限なし20,000円です。
価格的にスキーのシーズン券と同じ程度の感覚かなぁ。
東京に住んでいたら贅沢ですが、長野に居たらそんなに贅沢な遊びではないかも。
行こうと思えば休みの度に行けるし。
まもなくスキーのシーズンですし今すぐってわけじゃないけど、いずれちゃんとやるのも面白いかもだなぁ。

講習は午前中だったので、またまた白馬の道の駅に取り敢えず戻ってお昼ご飯。
本日2度目、お世話になる。
ってことで、道の駅のトイレですが、扉に張り紙。

朝もなんだろうって思ったんだけど。
拡大してみたのがこれだ!!

ツッ、ツバメも入るトイレなのか?つーか、ツバメは入っちゃいけないのか?
『鳥』ってわけじゃないから、ふくろうはいいのだよな?どきどき。

ってことでお昼を食べてから、せっかくなので白馬の温泉に向かう。
今回は露天風呂のみの「おびなたの湯」。

こんな感じです

実は以前行っていて、また行きたいと思っていた温泉がここかと思ったがどうも違っていた。
白馬だと思っていたんだけど、白馬じゃなかったのか?
そうすると、今日行ってきた栂池のある小谷あたりかも?って思って調べたところ、どうもそれらしき温泉を発見。
また行ってきたらレポートします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 7日 (日)

昼からビール

まだ筋肉痛は続いております。でも昨日よりはだいぶ回復している。太ももも柔らかくなってきた。昨日はパンパンに張っておりました。

昨日は体も痛い上、半分死人の様な状態で起きているのも辛かったのですが、今日はすっきり。
今日も良い天気。洗濯をしながら写真のチェックと編集。シャワーを浴びてすっきりして、ちょっと出掛けてみる。
ガソリンを入れて、久々にラーメンと餃子が食べたくなって気になっていたラーメン屋に。
ラッキーなことに1周年記念だそうで、ドリンクサービス。ドリンクは「生中、生小、コーラ、オレンジジュース、メロンソーダ、烏龍茶のいずれか」。
それだったら、生中だろう(笑)
昼間から飲んでしまいました。

ってことでのんびり出かけてきて、戻ってからHP制作。
久しぶりにTOPに新しいメニューとして追加しました。
一応、このページは季節でイメージを変えようかなという予定。ただ、きっと冬はスキーですのでウォーキングはお休みとなるでしょう。
さて、冬までにあと何回行けるかな?
一応次は白駒池に行く予定。ここは大好きな場所だったりします。
乞うご期待♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 6日 (土)

筋肉痛だよ

昨日は友人と山登りでした。
本当は昨日、今日で北アルプス蝶ヶ岳に行く予定もあったのですが、今日の天気が微妙だったため晴れている昨日に日帰りで行ける山に行こうという選択になった。
で、選んだのが蓼科山。前から行ってみたかった山なのでした。
コースは登り2時間、下り1時間と、高尾山とほぼ一緒。
しかし、私の持っている本に書かれた説明文。

 その美しさから「女神ノ山」と呼ばれ親しまれてきた蓼科山。
 しかしその優雅な姿とは裏腹に、巨岩連なる登山道に岩塊ひしめく山頂。
 多くの登山客を魅了してやまない蓼科山は、登山のつらさや登りきった時の
 満足感を存分に楽しませてくれる山なのだ。

って、大変なのでは?
取り敢えず友達を迎えに行き、コンビニで朝ご飯を買って食べて出発。
行きはビーナスラインを抜ける道を選択。晴れていて空も綺麗だ。
そして、車山を過ぎた辺りで目標方向に偉く高くて綺麗にそびえる山。
「これ?」
ちょっとやめたくなる(笑)富士山の時にも陥った症状。

って言っているうちに到着。
平日であるが、思ったより駐車場は混んでいる。おばちゃんの団体とかも来ている。
で、登りです。
詳しくはウォーキングのページ作成中。
ただ、とにかく大変だったぞ。岩がゴロゴロの時はまあ良いとして、段々ゴロンゴロンになって、ほぼよじ登る体勢となって。
まあ、2時間だから距離的にはそんなにないはず。大変でも休み休みで到着な距離ではある。しかし、体力的にはしんどかったー。

頂上ではお湯を沸かしながらのんびりお昼(私の携帯コンロは時間がかかるのだ)。
えっと、酒を飲まなきゃこのはづくではないとの期待通り、今回もちゃんとウィスキーを持って登ったのでした(笑)

下りもえらくしんどかったぞ。膝というか、太ももの筋肉が既に登りで逝ってしまっていた。
15センチ程度の段差を飛び降りても(膝も曲らないのでちゃんと下りれない)、支えられない。
ってことなので岩を身軽に飛んで下りられる状態ではないわけだな。
ほぼ両手を使ってずりずり下りておりました(笑)
ちなみに、下り頃にふと思い出して、アミノ酸を出発前に採らなかったことを後悔。
採っとくと、もっと効率良く筋肉が出来たはずなのに。

帰りの車では、停車中にクラッチ踏んでると、足が震えていたです。

おかげさまで、本日はえらい筋肉痛になっております。
まず太ももだな。ギクシャクとしか歩けない。そして腕を使ってたのが響いたのか、腕自体ではなくて背中の両脇とかに来ている。
うーん、これだけの筋肉痛は久しぶりだ。
でもでも、筋肉が新しく出来るかと思うとちょっとだけ嬉しい。

今日は、結構早めに起きてまた寝たり。
新しくウォーキングのページをTOPメニューに加えようと作ってみたり。
でもさすがにちょっと起きていると辛くって横になってごろごろしたり。
夕方位にはまた寝てしまったりしていました。

しかし、動くたびつらいです。
朝より今のがまたまた辛くなっている。
明日はちょっとはマシになっていることを祈ろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 5日 (金)

【信州Walking】蓼科山

HP内、信州Walkingから転載したものとなります。赤字で書いているのは転載時に書いた注釈です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

たまにはまともに登山でもしようということで、今回は蓼科山登山です。
本当は、1泊で北アルプス蝶ヶ岳に挑戦という予定もあったのですが、6日の天気が微妙。
そこで、日帰りで行ける場所ということで、以前から行きたかった蓼科山に行くことになりました。
一応行程は登り2時間、下り1時間とそう長いコースではありません。
しかし!!

 その美しさから「女神ノ山」と呼ばれ親しまれてきた蓼科山。
 しかしその優雅な姿とは裏腹に、巨岩連なる登山道に岩塊ひしめく山頂。
 多くの登山客を魅了してやまない蓼科山は、登山のつらさや登りきった時の
 満足感を存分に楽しませてくれる山なのだ。(車楽 トレッキングに出かけよう)

日記にも書いたのですが、私の持っている本には以上のような文章が。さて、楽々の2時間か?それとも辛いのか?どうなることでしょうか?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

市内コンビニで買い物を済ませ、朝ご飯を食べて出発。行きはビーナスラインを抜けるコースを選択しました。 車山を過ぎた辺りから偉く綺麗に高くそびえる山が目標方向に見えてくる。
「これ?」
ちょっとやめたくなる(笑)
この時は緊張と葛藤のただなかでしたので写真を撮る余裕はありませんでした。
やたら綺麗に見えていたので、撮っておくべきだったと後でちょっと後悔。

200309051
駐車場は登山道のすぐ側。平日に関わらず結構停まっています。タクシーで来ている人も居ました。私達もなんとか隙間を見つけて停める。とりあえず初心者としては、他に登っている人がいるのは心強いです。 出発は10時55分頃。

200309052
鳥居が登り口となっております。

200309053
登山ルールが書かれております。コース時間の割りにはそんなに気軽に来られる場所ではないせいかゴミなどはほとんどなかったし綺麗でした。
登り優先です。私達が頂上近くに行った時にちょうど下りてくる人が結構居て道を譲っていただきました。でも譲られて優先的にガンガン登っていける体力がなく、ほとんど自発的に譲りながら休憩しておりました(笑)
登山届・・・、出しておりません。ごめんなさい。

出すべきですね、登山届け。御嶽山のこともあり、今はとてもそう思います。 

200309054
ストックの貸し出しがあります。今回は借りませんでした。

200309055
空が綺麗だ・・・。

200309056
途中に咲く花。アキノキリンソウの様です。

200309057
花を取る友人J。すごい汗です。

200309058
後ろを見ると結構高い場所に居ることがわかります。しかし、あの遠くから登ってきたわけではありません。結構駐車場も標高が高い場所にあるのです。

200309059
天狗の露地。登り始めが7合目で途中に8合目とかあるのかと思いましたが
そういうのは書いてありませんでした。いまいちどの辺りまで来ているか不明です。

2003090510
土砂崩れの後のようですが、道です。 階段の様に一応固定されている部分もありました。

2003090511
やっと将軍平の山小屋到着。ここから40分の予定となっております。
到着が12時25分頃。ちょうど7合目から1時間半でした。

2003090512
山小屋から山頂を望む。これを登っていくわけです。

2003090513
緑のロープの間が道です。って、これが道なのか?ほぼ岩です。

2003090514
やっと頂上まであと5分。

この辺りで下りてくる人達と結構すれ違いました。
「あとちょっとだよ~」とか声をかけてくれるのはいいですが、「頂上で冷えたビールもあるよ~」って・・・。 知らない人にまで酒飲みなのがばれたか?

2003090515
黄色い矢印のある辺りが道?段々岩が大きくなる。両手でよじ上らないと登れない。

2003090516

上から見るとこんな感じ。

2003090517

2003090518


やっと頂上小屋。山頂まではあと1歩。到着は13時15分頃。

2003090519

2003090520

山頂到着!ふくろうへたばってます(笑)もう登らなくていいんだ・・・。

2003090521
山頂はこんな感じ。だだっ広くて岩だらけ。移動するのもひと苦労。

2003090522
山頂で昼食。

  <<今回のメニュー>>
 キュウリ&もろきゅう味噌
 チーズ
 鰯フライ(お惣菜です)
 おにぎり(コンビニのだ)
 カップラーメン
 ウィスキー
 コーヒー

買ってきた物ばかりですが色々あるのは贅沢♪

2003090523
さて、山頂でだいぶゆっくり休んだあとは下りです。
そろそろ足が死んできている。岩の上を歩くのは大変。 向こうに見える屋根が山頂小屋です。15時25分頃出発。

2003090524
道は延々と続く。

下りもなかなかハードでした。登りで既に太ももの筋肉の筋肉がパンパンに張っており、ちょっとした段差も身軽に越えられない。全身を使って降りてきたような感じです。
余り写真はないのですが、必死で下りておりました。

2003090525
相当ゆっくり登り、山頂でもゆっくりしていた私達は多分最後から2組目の下山者。
朝にあんなにあった車は既にほとんどおりませんでした。17時位に到着。

2003090526
蓼科スキー場より、蓼科山を望む。 私達が頂上に居たときも山頂だけ雲をかぶっていましたが、夕方もその状態だったようです。

2003090527
さらば、蓼科山。

2003090528
締めくくりはやっぱり温泉♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回は日頃の運動不足がたたったか、なかなか大変でした。
なんで山に登るのかって聞かれると、やっぱりあの達成感なのかなって思うんだけど。
達成感には、山頂で「もう登らなくていいんだ」って思うのと、登山口に無事戻って「もう歩かなくていいんだ」ってのが含まれています。
山に行かなかったらどちらもしなくていいのですが。でも、ちゃんと歩いたあとのこの気分をどうやら味わいたいようです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この日の頂上での空はとても心残り。またリベンジしたいと思いつつ、あの翌日の筋肉痛は怖いなぁと思います。でもあれほど身体を酷使する体験もいいなとも思ったりします。(2015.7.2・記)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 3日 (水)

残暑です

松本はまだまだ残暑です。

今週末は3連休。で、北アルプスの蝶ヶ岳に行く予定でした。
上高地から入ると、沢渡から河童橋まではバスで、そこから登り口のある徳沢まで歩き。
だから徳沢ロッジで1泊して、翌日蝶ヶ岳に登って、また下りて帰って来るという予定だった。
昨日までは・・・。

ちなみに、山小屋の夜と朝は早いのである。夕食が17:30。朝食は6時。
歩けるかとか起きられるかより・・・、早くに寝られるのかが1番不安。
寝れないと歩くのも辛いし・・・。

ってことで、早寝に調整しようかと思ったんだけど。
早寝しても、結局ギリギリまで寝てしまうのだ。意味なーし。
そしてそゆことやってると、早寝も出来なくなるじゃんかー。
しかも、明日は遅番である。


しかし、今日になって状況に変化が。
突然朝型フクロウになったわけではないです。
天気予報がさ。
金曜日:曇り後晴れ、土曜日:晴れ後曇りだったのが。
今日見たら突然、土曜日は午後から雨。降水確率70%になってやがる。
急遽友達に連絡。
結局金曜日に日帰りで行ける山になりました。

ちょっとだけほっとしたけど、蝶ヶ岳はまた行けないのか。
実は高校の時に行くはずが台風で中止になっていたのだった。
密かに私的には聖地なんだけどね。うーん、やっぱりそう簡単には行けないのか?

結局明後日は蓼科山に登ることになりました。
ここも行きたかった場所ではあるし、「女神ノ山」と呼ばれる綺麗な山です。
って、金曜日も雨にならないように祈ろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »