« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月26日 (木)

一面の青

20070426 一昨日にネット徘徊中、真っ青な花が咲き乱れる丘の写真を見つけた。
綺麗だ。ここどこ?
調べてみると結構近くだ。
で、休みの日の天気の予定を調べて・・・。
お休みの本日、行ってきました。

連休ではないので、早めに起きて洗濯物干して。
で、地下鉄で一路東京駅へ出て、高速バスに乗車。
バスは程々にお客が乗ってる感じでかなりゆったり。
隅田川沿いを走る景色をぼーっと見たり、買ってきたパンを食べたり、ちょっと寝たり。そんな感じの程よい2時間で到着。
茨城県のひたち海浜公園です。
到着して、取り敢えず青い花--ネモフィラの咲く丘を目指す。
近づくにつれて、木の間から真っ青な丘が見えてみる。


丘の一画が花で真っ青


かなり可憐な花です


白いのもあるらしく、時々固まって咲いてます

本当に綺麗でした。
松本で山がそっくりひとつ桜色になる弘法山(最初、遠くから見て「何だあれ?」と思った)とか、町中が桃色に包まれる山梨の春、初夏のビーナスラインのニッコウキスゲ、写真で見る北海道富良野の春の風景とか、一面に花が咲き乱れて綺麗な景色って沢山あるけれど・・・。
東京から日帰り出来る、思ってもいなかった場所のお花畑。
見頃の時期に知って、これて良かった♪


遠くに太平洋も見えますそして、今日はその色が南国の様なコバルトブルー綺麗でした

その後、公園を一周中に雷雨。
激しくなる前にレストハウスに入れて、ビール飲みながら遅めの昼食。
かなり激しい雨も少し経つと止んでまた青空と、沢山綺麗な景色を見ました。
うーん、茨城結構侮れん!(笑)

帰りは、東京に出て混んだ地下鉄で帰るのは嫌なので、常磐線&武蔵野線経由で帰ってまいりました。

お花はGW位までは咲いている様です。

| コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

人間ドックで昼しゃぶ

20070420 人間ドックの当日です。
しかし、昼しゃぶ。
何故……?

ってのを、お昼食べながらアップしてみました(笑)
いや、ホントに人間ドックだったのです。

人間ドックはうちの駅からバス1本の新浦安。
朝でも道路も乗客も混んでいないので良いのだけど、本数は少ないのであった。
で、早めに到着。8時半からの開始なのだけど8時ちょうど位の到着。
しかし、飲食禁止なのでお茶することも出来ない。
しょうがなく実施するクリニックの前へ。
でも既に一人お待ちの方が居て、一応2番手。
8時15分には受付が開始されて中へ。待っていた順に受付される。

ってことで、人間ドック開始。
普通の健診の様な項目から、腹部のエコー、胃のバリウム検査。
バリウム飲むのやはり辛いや。
で、結構とんとん拍子に進む。
今回、マンモグラフィーも追加してた。胸を挟むやつなのだ。
実はかなり昔に勤めてた会社の同僚が「かなり痛い」と言っていた。
そして、うちの会社でも「昔やって痛かったので、やらない」と決意している人もいる。
でも1年半前の健診で40歳過ぎたらやるべきと言われたし、そろそろやらなきゃなぁってのもあったので、ドキドキしながら希望に○付けた。
既に今回受けている同僚に聞いたら、「痛いと覚悟して行くとそんなでもないよ」と言われたのだけど。痛いのか?そんなでもないのか?
で、希望に○付けときながらもドキドキしてたんだけど。
「ちょうど空いてるので先やりましょう」って、突然来てしまった。
本当は検査の最後だったらしいのだが、担当の方の手の空き具合とかで出来る様になったらしい。
で・・・。やってみたところ、なんだ大したことないじゃん(笑)
難なく済んでしまいました。

そんなこんなで受付2番だったし、結構とんとん拍子で空いてるとこは先にさせてもらって11時前には一通りの健診は済んでしまう。
半日人間ドックは昼食が付いて、昼に待てるならわかるところまでの結果は教えてもらえる。
だが、お昼は11:30から。結果の面談は14:10から。
時間、かなり余ってるし。
クリニックは新浦安のショッピングセンターなど入っているビルで、お昼までも結構時間があるのでぶらぶら。
時間潰せる場所有って良かった〜。
平日のショッピングセンターは思ったより人居るのだねぇ。

そして昼食。
実は「しゃぶ膳」というお店のチケットが付くとは書かれてたのだけど。
同僚と「昼からしゃぶしゃぶだったりして」とか冗談で話してたけど、先にやった同僚は別のクリニックで普通の定食だったとのこと。
「しゃぶ膳」でも、通常のランチとか定食みたいのだよなって思っていたんだけど。
なんと差し出されたメニューは結構豪華だった。
和食のコース2種類とすき焼きセットかしゃぶしゃぶのセット。
ホントにしゃぶしゃぶあるよ・・・(笑)
一人でしゃぶしゃぶって何なんだけど・・・、でも和食のコースって旅行行って食べたりとか結構あるのだけど、しゃぶしゃぶって最近ご無沙汰。
ってことで頼んでしまいました。
テーブルに立っているメニューには「昼ビール 300円」とかあってかなり誘惑的。
しかし、この後医師と面談で結果聞くのである。
そこで酒臭いのは・・・。しかも、まだ結果聞く前だしさぁ。
泣く泣く、アルコールなしでしゃぶしゃぶである(泣)

で、その後も時間潰した後に結果を聞きに。
結果!!
出ている範囲、腹部エコー、婦人科系、血液等、すべて問題なし。
前にコレステロール高めと言われてたけど、現在は正常。
中性脂肪とか血糖値とか尿酸値とか心配な辺りも低い位置でクリア。
物に寄っては1年半前の結果より良かったりする。
肝臓系の値は以前からかなり良いのだけど、現在も変わらず。
ああ、鋼の肝臓。
今だから書くが、実は昨日、大根おろしの冷やしうどんが美味くて、ビールだけじゃ飽き足らず、日本酒も飲んでたんだった。
その後ネットで調べてて、「前日の飲酒は肝臓の値に影響を及ぼす場合がある」とか書かれててあせったのだが・・・。
ほっ(笑)
大丈夫だったじゃん。

ただ一点だけ言われたのが。
問題があるとまではいかないけど、胃の表面がかなり荒れてるらしい。
で、もしかしたらピロリの検査した方が良いかもって。
最近は収まってるけれど定期的に胃を壊す話などしたら、保持してたら強制除去することで収まるし、胃癌の予防にもなるのでいいかもって言われた。
まあ、保険も利かないし、希望があるならって言われた。
実は私もネットで色々調べてるし、除去することで副作用的な物もあるらしいのだよね。
そんなことで強く勧めないのかもしれない。
でも、本当にかなり定期的に不調は来るから、自分でも行った方が良いかなぁって思ってる。
保険が利かないってことで大体の金額とか聞いたけど、実はその位の金額を既に薬代&症状が出た時の通院代などで払っている気がするのであった。
ちょっと検討しよう。

まあとりあえず、軽く引っかかったのは幼年時代に感染したピロリ菌が原因(かと思われる)で、現在の生活習慣には問題がないことが判明して良かった。
煙草止めて腹回りが増えたのは、ただ増えただけだったんだ♪
よし、現在の(飲)食生活を保とう♪<って、食いたい物食って、飲みたいだけ飲む?
キャッチフレーズは鋼の肝臓とガラスの胃を持つふくろう・・・で。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

人間ドック(前日)

明日は会社の健康診断で半日人間ドックである。
うちの会社は成人病健診が必要な年齢の場合(何歳で区切られてたか忘れた)、誕生月の受診となる(若者はまとめて秋頃受けていた)。
で、場所も契約している病院から選べて、私は新浦安にしました。
そこが一番近いし、定期券が使える場所ではないが、ラッシュの地下鉄乗るよりバス1本のが良い♪

それにしても、きちんとした健診って1年半ぶり。
昨年は入社時の健診があったがそれは簡単なのだったし、前の会社は秋だったので。
で、煙草を止めてちょうど1年。体重が実は5kg程増えているのである。
そして夏位に調子悪くて行った医院で血液検査をしたのだけど、体調が悪い部分に関しては大したことなかったものの、コレステロールが高いと言われてしまった・・・。
それまで引っかかったことなかったのにー!
しかも、体重が増えた分って、ほとんどが腹に付いているっ!
あまり良くない太り方だよな。
ってことで、今回はかなりどきどき物なのであった。

本日はお休みで、夕食は21時までに済ませなきゃなので早めに食べた。
でも、朝昼が軽くてお腹が空いていて、ちょっと食べ過ぎたかも〜。
だって、今日はうどんなど夕食も軽めの予定だったのだけど、「21時以降にお腹が空くかも?明日は昼まで何も食えないし」とか思ったら不安だったのだ。で、お菓子1個食べたけれど、それはなんだか余分だった気がしている。

そうそう。時々見に行く方のBLOGで、今日たまたま別のことで見てたのに、偶然その方の人間ドック前日のBLOGを見つけてしまった。
食べ歩きの感想を主に書いている方で、「明日人間ドックなんで、早く飲まなきゃ」って書いてた。そうそう、ごもっとも(笑)
ただその後、「お酒はお控えくださいって、ずっと量を控えればいいんだと思ってた」とあり。
あれ?私の注意書きにはそんなの書かれてたっけ?と注意書きを読み返してみる。
私のには「検査前日は午後9時までにお食事を済ませ、その後絶飲、絶食でお越し下さい」となっていた。
えーと、やっぱり午後9時までは飲んでもOKなんだよね?

うーん、やっぱりほら、検査はいつもの通りの状態で臨まないとね♪
ってことで・・・・・・、結果良いと良いなぁ・・・。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

ラストでやられた〜!

最近2冊読んだ本。続けてラストで「やられた〜」って感じだった。
今まで、「衝撃のラスト」とか言われても、そんなに衝撃を受けたことなかったんだけどな。

1冊目は若竹七海「ぼくのミステリな日常」。
連作短編集の形式の作品。小説部分は社内報に毎月連載された匿名作家の作品という形をとられて、最初と最後に狂言回し的な役割の若竹七海(作者と同名だが作中の登場人物)が手紙や編集後記の形での編集者としての文章を書いている。
で、短編の小説部分。ミステリだったりホラーだったり、1作1作それぞれ趣向が違っていて面白い。
小説部分は匿名作家である作者「ぼく」が見聞きしたことを元にしたほぼノンフィクションって設定なのだけど、この「ぼく」もなかなかいい奴なんだよね(っていうか、そういうイメージで書かれている)。
短編集の中でも、「あっ、そうだったの?気づかなかった・・・」って言うのはあったのだけど・・・。
短編の部分を読んでいて、「なんかこれ好きだ」って思って。
ただ、それとは別になんかちょっと気になることがあって。「実際にそういうことあるのかな?」とか、「なんか繋がってないような・・・」とか。
でも、自分の考えすぎかも?作者は気づかないで書いているかも?とか思ったり。
実際に他の(作家の)作品で、この位の矛盾なら普通に書かれている場合があるし。
なんて思ってたら、実はそこら辺が実は伏線で、最後に「そうきたか」って風に繋がってしまったんだよね、これが(笑)
内容に関わってしまうので、詳しくかけないのがもどかしい。
しかし、私はラスト読んでから、再度順追ってざっと読みました。
ミステリでラスト読んでから、再度犯人の行動を追ったりのためパラパラ読むことはあるけれど。
再度ここまで読むのは珍しい。
この作家は今まで何冊か読んでいて、ただあまり印象に残るのなかったけれど、この作品は好きだって思った。

2冊目は本日読み終えた荻原浩「噂」。
これは新聞の書評で面白いかもって思って読み始めた、私にとっては初めて手に取った作家。
サイコ・サスペンスということで、もっとおどろおどろしいかと思ったけれど、刑事の父娘の会話とか、中年刑事と若い女性警部補のコンビの様子とかほのぼのした感じもあり、結構楽しく感情移入して読み進めた。実は感情移入して読んでる場合ではないのだよ(笑)
あらすじには「衝撃の結末を迎える」と書かれていたのだけど、犯人逮捕の辺りのシーンで「衝撃?」って感じだったんだよね。
でっ、でっ。衝撃ってのはラストもラスト。ホントに最後の1行。
っていうか、最後の4文字なのだった。
かなりショッキングで、「でも、もしかして考えすぎ?」とかとも思ったのだけど(上の写真には「衝撃のラスト1行」と書かれた帯付いているが、私の本には帯付いてなかったので、判断に苦しんだ)。
作品の解説でも、内容は明かせないのでかなりオブラートに包んで書いてあって、「やっぱりこのことかなぁ?」とかまだ悩む。
で、ネットでこの本を調べたところ・・・、やはり私の思い違いではないらしい。
うーん、思い違いであって欲しかったっ!
もしかしたら、流行らせようとがんばってたから、その効果が出たのかもしれないし♪
なんてね、判断に苦しんだってより、結局私は「そうであって欲しくない」って勝手に思い続けていただけなのかもしれないけどね。
ちなみに、ネットで調べた読んだ方の感想には「作者はこの一言を書くのが目的だったかもしれない」ってのもあって、それは確かにもっともなんだよね。
でも、かなり小説読むときに感情移入してしまう自分としては、これはかなりショックだ!

そんな感じで最近読んだ2冊。
このところミステリでははっきりした真相まではわからなくても「こう来るかも?」とか予想出来ちゃうことも多かったので。
かなりショックを受けながらも、上手くだましてくれる作品は嬉しかったりいたします。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

引っ越したい

先々週位にマンションの隣の部屋の方が引っ越したのですが、早速本日新しい人が入居のご挨拶に来ました。
先週に内装屋さんが数日作業してて終わったなって思ったら早速だ(笑)
引越しが行われている時間、「ああ、やってるなぁ」って感じで私は部屋に居たので単身かご家族でかはわからないですが、挨拶に来たのは若い女性の方でした。
駅から近いわりに、古いから安め。広さも結構ゆったりしているから、空くと次の入居は早いです。
私も前回、前々回とこの時期の引越しでしたが、この時期はやはり多いですね。
賃貸の多いうちのご近所は、この時期はしょっちゅう引越し見かけます。

そうそう、松本時代に向こうで知り合った友達が現在東京に転勤で来てましたが、5月には長野に戻れるらしい。
いいなぁ。
長野に戻るのをいいなぁと思うと共に、部屋探し&引越しに関しても。

そう言えば、湘南に居た頃も次の年の夏位には引っ越したくてしょうがなくなってたことを思い出す。
どうも引越し中毒?
実際に引越しが決まると、色々な準備とか手間とか死ぬほど大変なことはわかってるのに、やはり引っ越したいらしいです。
っていうか、いい加減要領飲み込んできて、前回あまり死ぬほど大変ではなかったかも(笑)

ただ、前回前々回は会社の都合で日程がかなり詰まった引越し。
大好きな部屋探しもかなり日程詰まってのんびりは出来なかった。
しかし、次に引っ越すとしたら、今の会社だと転勤はないので純粋に自分の判断での引越しだ♪
しかも前回は3月の部屋の動きのあわただしい時期に部屋探し、混みあった時期の引越しだったけれど。
でも、8月に会社辞めた時に改めて管理会社と個人契約をしなおしているので、更新は8月いっぱいまでなのである。
のんびり探すには良い時期かもなぁ。真夏の引越しは大変ではあるけどね(経験有り)。

今年は取り敢えずここで。
そして来年には引っ越そうかな。今の職場には多分まだしばらく居るので、現在考えているのは東葉高速線で八千代市の辺り。
なんか最近ちょっと町に飽きてきているらしい。(通勤に困らない程度の)田舎に住みたいっ!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

お芝居とか夜桜散策とか

20070407 今日は一跡二跳という劇団のお芝居を見てきました。『きりぎりす』という題名で、医療の現場を扱った物。
この劇団は、私は20代の頃に知って30歳になる位までほとんど毎回通っていた。
その後しばらく見なくなっていて、昨年久々に行きました。
ただ、昨年行ったのはドキュメンタリーシアターと称して、登場人物の独白が続く物。一跡二跳らしいストーリーのある作品は今回が本当に久々って感じ。
で、久々の感想はって言うと、良かった!
かなり深刻で暗いテーマを扱っているのだけど、でもラストは暗くなくて、さわやかで考えさせられる。
なんか、人間が愛おしくなるような感じです。

その後、新宿住友ビル51Fのお店で夕食。
窓際のカウンター席なのでかなり見晴らし良い。早い時間に入ったので、遠くに桜並木が見えたり電車が走って行くの見えたり。
煙とふくろうは高い場所が好きなのです(笑)

かなりゆっくり夕食を食べて、すっかり外が暗くなってからお店を出る。
そして、ビルの窓から見えていた桜並木まで歩いてみました。
場所は中野坂下の辺りの神田川沿い。
遊歩道の様になっていて、神田川に沿って大久保通りまで歩く。
途中川にかかる橋から見てみたけれど、昼間はかなり綺麗な場所だと思われる。
闇に浮かぶ夜桜も綺麗だけどね。

その後、大久保通りを大久保駅まで歩いて、大久保駅前の喫茶店でお茶。
そうそう、実は本日誕生日。
友達からはSuicaのペンギングッズを頂きました。嬉しい♪
写真はペンギン貯金箱。早速、喫茶店のテーブルで出して写真撮ってみました。
飲み物は優雅にウィンナコーヒー。
可愛いよぉ。
是非旅行に連れまわして、一緒に写真撮りたい物だ(笑)<おばかっぽいが、実はmixiのsuicaペンギン好きコミュにそんな写真を集めたトピックスがあるのです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

懐かし楽しい

昔の会社の方と飲み。
20代前半から働いてた会社の方で、お父さん、お母さんの様な方。
っていうか、当時一緒に働いて居た男女二人の方は、お二方とも私の父親(今は亡き)と同年齢なのである。
その会社で働き出した年から、あと数年で20年だよ。
こりゃ、年取るもんだ・・・(笑)
でも、幸い(笑)年の差ってのは昔も今も一緒なので良かった。
当時、かなり家庭的な会社だったこともあり、今も一緒に飲むと娘な気分。
多分、実の父より近くない分、てらいもなかったかも。
久々に会う今でも、かなり言いたいこと言える。
実の父には言えなかったな・・・(笑)
いい加減、この年になると純粋に子供で居られる状況って普通はあまりないよね。
今でも甘えさせて頂きありがとうございます。
これからも元気で長生きしてください。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

湘南をぶらぶら&飲み会

20070401 昨日は夜から飲みに行く予定があったのですが、どうせなら休日だし桜も咲いて春だし(笑)、ちょっと遊びに行こうかって友人Jと鎌倉方面に行きました。
東京駅で待ち合わせ。「鎌倉・江ノ島フリー切符」を購入し、江ノ電やモノレールなど乗り倒す予定。

東海道線から横須賀線に乗り継ぎ、鎌倉に到着。
mixiで『フクロウ、ふくろう、梟』というコミュに私は入っており、やはりそのコミュに参加の京さんが陶芸展を開いておりまして、寄らせて頂きました。
可愛いふくろう達が沢山居ました♪

その後、小町通りをぶらぶら。
まずお参りだろって話していたのに、つい小町通をそのまま歩いてしまったため、色々な誘惑が・・・(笑)
おせんべいとか食べてしまう。
そして、桜満開の鶴岡八幡。


薄い桜色の花びら。綺麗でした。

式を挙げている花嫁さんが居て、写真を撮るのに境内を移動したりしていました。
ちょうど桜が満開の日、最高の日になりましたね。
天気は曇りでちょっと残念ですが、雨が降らなくて良かったです。


右側の赤い建物は以前来た時は建設中でした。出来たんだ。

お参りを済ませ階段を下りているとき、雅楽が響いており、人だかりがしているのに気づく。
何かあるのかな?って思い覗いてみると。
上の写真の赤い建物。これは式など行う場所の様でした。
先ほど池の方で写真を撮っていた花嫁さんが戻ってきて、ちょうどこの建物に入っていくところでした。

その後は江ノ電に乗って長谷へ。
大仏に行きかけるが、あまりの混雑状況にやめにして海岸へ。
その後ぶらぶら歩き、極楽寺へ抜けることにする。


途中の力餅のお店。買ったのだけど、友人Jに持ってもらったまま食べるの逸した。
食べておいてください。

サザンのアルバム『Kamakura』の中の曲の歌詞に「極楽寺坂 緑」ってのがありますが、本当に坂は緑に囲まれている・・・。
っていうか、イメージでは生い茂る緑の木に囲まれた坂だったんだけどね。
確かに木に囲まれて居るし、初夏の頃にはもっと緑になりそうだけど。
その下の石垣とか右手はコンクリートの壁なのですが、その両方がなんか苔蒸した様な緑なのです。
うーん、緑だ・・・(笑)


極楽寺の駅の近く。一部路面電車の江ノ電ですが、ここでは下を走ってました。

極楽寺は写真撮影禁止となっていましたが、すごく綺麗な場所でした。
ホント、意識しないと手が撮りそうになる・・・(笑)
ソメイヨシノではない、細くて繊細な感じの桜が今まさに満開って感じで。
他にも色々な花が咲いていて、静かで綺麗な場所。ここ、好きだ。

極楽寺からまた江ノ電に乗り、次の稲村ガ崎へ。
ここからは海の近くになるので、またぶらぶら歩く。


良い感じに絵を描いておりました。道路の反対側だから遠い・・・、
ってもあんまり近づいて撮るのも・・・(笑)

七里ガ浜まで歩き、その近くの山の中腹にあるレストランへ。
席がテラスに作られていて、かなり良い見晴らしなのです。
とりあえず、まだ雨は降って居ないので良かった。ランチとワインを頂きました。


ランチはサラダとパスタとデザートの軽いコース。
何故写真がデザートかって言うと・・・。お腹が空いていたので、食べてしまった(笑)

そらはずっと曇りでしたが、デザートの頃に降りだしてくる。食事ほとんど終わりかけで良かった。
席の上には日よけのパラソルがあるのですが、降りだしたら席を少し中に寄せたりとか、店員さんは対応に追われて大変だ。
大雨だと予約キャンセルとかあるかもしれないし(一応、建物の中の席もあります)。
それに、雨が本格的に降ったら上るのが大変な坂の上にあるレストランなんです。
でも、やはりこの景色は見る価値有り!

雨が降り出した頃、10人程の団体さんが来てました。
私達が席に着いた頃に、入れるかの確認の電話が聞こえていた団体さんだ。
建物の中にも席があるのだけど(そちらも店員さんは準備していた)、やはり海の見えるテラスに近い方が良いのか、テラスの東屋みたいなところの席に着いてました。ちょっとぎゅーぎゅーに見えるのですが・・・(笑)

その後、江ノ島からモノレールで大船へ。
そして、大船から湘南ラインで新宿へ移動して夜からmixiの友達のふむさんのお店へ。
実はふむさんのお店は本日で最後なのです。
後半、かなり混んできて、昨年の奥炭堪の春と夏でお会いしたほとんどのメンバーがそろっている様な状況でした。すごい!

後半はお店は休みなしで、本当にお疲れ様でした。
またいつか次のお店が出来るなら、絶対に行きます。
そして、それとは別に、ぜひぜひ一緒に飲みたいです。
これからもよろしくお願いします♪

| コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »