« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月26日 (金)

安定剤で胃カメラ

もうかなり以前から胃痛持ちで季節の変わり目になると毎回の様に繰り返している私であるが、嘔吐反射がかなり激しいので胃カメラはずっと恐怖であった。胃痛も嘔吐反射もどうやら母親譲りの体質である(ちなみに母親は現在ほとんどストレスフリーな生活をしており、胃痛からも開放されているようだ。羨ましい)。
で、今年の春の人間ドックでピロリの正式な検査と、かなり確実に感染していると思われるので駆除をした方が楽になると勧められていた。ただ、その後急の引越があったし、猫の注射や手術などでの一通りの通院もあったし、今年の春〜夏にかけてはあまり胃痛が出ないこともあって検査は延期になっていた。
ピロリの検査は血液検査と、本当は胃カメラもやったほうが良いとはネットで見ていたのだけど・・・・・・、胃カメラ・・・。

でも一応検査のことは頭にあって、引っ越してからネットで近所の病院に関して調べたりもしていた。そしたら、。近所の医院で胃の検査もやっているが、反射が激しい人は安定剤を打って眠った様な状態で出来ると。これならやっても良いかも。
で、最近また季節の胃痛(風物詩ではないのだが)が出だして、やっと決意致しました。

で、そんな話をしていたら、先日人間ドックでかなりの箇所でひっかかったと嘆いていた同期で仲の良いMさん。胃ではひっかからなかったけど念のため調べることになって胃カメラを飲んだとのこと。彼女も反射が強いとのことで、麻酔してやったそうだ。
私は安定剤の注射と言われたが、彼女は点滴で入れたらしい。で、すぐ眠ってしまって何もわからなかったけど、2時間位ふらふらして動けなかったとのこと。うーん、私も一応2時間位は寝て帰ることになるとは言われているが、麻酔と安定剤は違うよね?
安定剤って完全に眠らないのでは?大丈夫かなぁ?不安だ・・・、と思いつつ今日の当日を迎えました。

8時半に徒歩で5分位のところにある医院へ。この時間は検査の予約がある人のみなので行ってすぐに検査室に通される。
何か糊みたいな飲み薬(不味い)と喉の麻酔のスプレーをしてから横になり、水あめと接着剤の中間の様な薬(これも不味い)を喉の奥の方に5分程置いておいてくださいと言われる。
準備をする看護師さん(かな?)が、「安定剤を打って左を向いて横になってもらいます。検査中はゲップは我慢してもらうのだけど・・・、あっでも安定剤打つと寝ちゃうからあまりその心配はないですね。多分横向いた後ですぐ寝ちゃいますよ」って言われるが、本当に寝れるのか心配なのですが。

で、とうとう注射。別にそれで眠くなったりはしない。大丈夫なのか?それで横を向いて・・・、そこで本当に意識が途切れた。何か夢の様なイメージの様な物を見た気がするけど(検査に関連する物ではない)、すぐ「はい、終わりです」って言われて支えられて立たされて、隣のベッドが並ぶ休憩室に移されたのをかなりおぼろげながら覚えている。安定剤を打っての検査を調べてた時に、他の病院のページでの記述だったと思うけれど、「麻酔ではなく安定剤なのでストレッチャーに乗ることなく、本人の足で移動出来る」みたいなことを読んだ。本当にその通り。支えられて立ち上がって移ったけど、フラフラするとか眠いとかって感じはなくて・・・・・・、そうだ、かなり泥酔した翌日にほとんど記憶が飛んでるのだけど、でも断片的にトイレ行ってだれそれとすれ違ったのは何となく覚えてる・・・、って感じの記憶だ!(笑)
診察室の隣の扉あけるとすぐに休憩室でベッドを見た覚えはあるが、毛布をかけてもらったのは覚えていないがかけている・・・という感じで。で、次に目が覚めたら10時。1時間以上経過しているのか。かなりすっきりしている。
この日はもう1人検査した方が居て、すごいいびきをかきながら寝ているのが聞こえる。で、しばらくしてその人が起きたらしく「起きても良いですか?」って看護師さんに聞いていたが「11時半位までは寝てて下さい」って言われていた。やはりまだ寝てなきゃだめらしい。ってその後また寝たらしく記憶が途切れる。次に何となく起きたのが、休憩室に採血だか点滴だかの人が入って処置している声と、もうひとりの検査の人が起きて出て行く音がしてた。で、時計を見たら11時半。また意識が途切れてて寝たって記憶はなかったが1時間半経過したんだ・・・。

麻酔じゃなくて安定剤だからなのか、Mさんは2時間位寝た後もまだふらふらしてたって言っていたが、私はそれはなくすっきり。でも、「これで良いの?」って感じで簡単に出来て良かった。喉にも違和感等なし。

で、結果は写真見せられて「十二指腸潰瘍」と言われる。治っては再発繰り返している跡がかなりあるそうです。
一応血液も採って、血液検査と組織検査の両方でピロリの感染の確認をするらしい。薬を飲みながら2週間の結果待ち。
ピロリに感染していれば、その駆除で潰瘍も改善出来ると思われるが、していない場合はずっと対症療法でやっていくしかないとのこと。
うーん、これはやはり感染していることを祈るべきか?

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

敷物

2Fの南の四畳半に敷いていたイグサカーペットを処分。
どうも畳の上に敷き詰めると湿気が貯まりやすい様なのである。夏の辺りからチャタテムシが発生。そして、部屋が通常の四畳半サイズより小さいのでカーペットを自分で切ったのだが、段々ほつれてくるしほつれた部分に猫がじゃれて段々ほつれが広がるし・・・。
元々カーペットを敷いた理由は猫が畳で爪を研いだり粗相したりするのでは?との対策だった。
しかし、同居してみたら畳と同じ(しかし、多分もっと目が粗めの)イグサカーペットでは爪研がないし、粗相も(ゲロは不可抗力)もトイレ以外ですることはないことが判明。まあ、猫を飼う場合の不動産契約に退去時の畳替えの代金は入ってるし、でも長年住んで経年劣化で負担なしになった場合にはラッキー位の気持ちで居ようってことにした。
カーペットを剥がした後の畳は何となくしっとり。濡れ雑巾で拭いてしばらく窓を開けて風を通してやっとすっきりいたしました。

ちなみに、北側の六畳のベッドルームは籐のカーペット敷き。
こちらは虫が湧くこともなく、触ってもすっきり。こっちが北東で四畳半は南西の方角ってのもあるかもだけど、どうもそれだけじゃない気が・・・。
どうもこの籐のカーペットは放湿性が良い気がする。前の部屋でも使っていたが、そちらは南東向きだけどやたら風通しが悪い部屋。しかし、引越数日前に段ボールをおくために早めにカーペットを片付けたら、その下の青々とした畳から良いイグサの香りが・・・。敷いていた下の畳の保存状態がかなり良かったよう。おかげで引越前の数日、気持ち良く過ごさせて頂きました。

で、本当なら四畳半にも籐のカーペットを敷きたいところなのですが。通常より小さめのうちの部屋。現在の六畳でも無理やり敷いて少し弛んで波立ってる。四畳半はもっと小さいし。
部屋サイズに合わせてオーダーするのは高いしなぁ。そしてまたいつか、多分引っ越すしねぇ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

サイクリング

今月になってから、自分の休みの日が天気悪いことが多い。 同じチームのMちゃんとも(休みは不定期だがチームが同じだとほぼ同じ)昨日そう話してて「明日はどうだろう」って話していたら。 おお、本日は見事な秋晴れだ! 午前中に洗濯を済ませてご飯を食べて、その後サイクリングに向かう。新川沿いにあるサイクリングロード。 本格的なスタイルで自転車を走らせてる人から年季の入ったママチャリ、そしてジョギングやウォーキングなど、さすがの好天でさまざまな人が走ったり歩いたりしている。 そして釣り人も多し。うーん、釣りが好きならうちの家近辺は天国だよな。歩いて数分でのどかな釣り場です。

気持ちよく走って八千代の道の駅。ここは帰りに寄ろうってことで通り過ぎる。
側の橋をくぐった辺りで香ばしい匂い。ふと見ると川の向こうにうなぎ屋さん。窓が開いている様だがあそこで焼いているのだろうか?そして河が見下ろせる席もある。かなり良いロケーションだし、道の駅の側でかなりの人が来る場所なので匂いで人が釣れそうだ(笑)
帰ってネットで検索したら、お店のページではありませんが書いてる方いました。
テラス席って書かれていましたが、今は囲われていた。夏は多分壁を外してテラスに出来る作りなのでしょう。
うーん、今度行ってみよ。

その後もずっと走り続ける。道はずっと続いているのだが、どこで折り返そう。途中で佐倉市に入る。
で、十数キロ走った辺りで池の様な湖の様な物が。おお、印旛沼だ!
そして風車が見えてくる。佐倉ふるさと広場のオランダ風車だ。ちょうど15kmになり、きりも良いのでここで少し休憩をしてから折り返すことにする。
写真はオランダ風車「リーフデ」です。

途中で八千代の道の駅に寄って買い物をし、無事帰宅しました。
佐倉ふるさと公園は春にはチューリップが咲くらしい。楽しみ♪
久しぶりに体を動かし、かなり気持ちよかったです♪

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

猫好きするカーペット

今日はお休み。居間のラグを片付けてホットカーペットを設置。 使っていたラグはホットカーペット対応じゃなくて、ホットカーペットカバーはかなり汚れてたしこの前の引越時に処分。で、新しく安いのを買ってみた。

風姫はちゃんと専用爪とぎで爪を研いでくれる猫で、今までそれで困ったことはなかった。うちは階段と2Fに上がった部分は毛足の短いカーペット敷き。最初そこで爪を研ぎそうになったことがあったが、専用爪とぎを準備してからはやらない。居間のラグでもすることはなかったのだが・・・。
今日敷いたホットカーペットカバー対応のカーペット。初日から研がれているーー!

会社の同期で猫飼いのGさん。休憩が一緒になると猫の話題で盛り上がるのだが、彼女の家の猫がやはりカーペットで爪を研ぐとのこと。かなり爪がひっかかるから「痛くないのかなぁ」とかGさんは言ってたが、うん、そんな感じだ。爪が引っかかってカーペット持ち上がったりしてるし。
ちなみに、今回のカーペットは毛がループ状になってる奴。ここに爪が引っかかるのが良いのか?既に何箇所か糸が出てるし。
まあ安いカーペットだし、使い倒すさ。

写真はスイッチ入れたホットカーペット上。
伸びて寝てます。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

猫飼い

私が入居した時はまだ2部屋が空いていたうちのテラスハウス。 っていうか、うちの隣は私と入れ違いで空いていた。出窓のある角部屋でかなり悔しかった。猫が外見るのに良いのだけどなぁ。 しかし、私が入居した時は隣はまだ出たばかりで掃除もされていない状況。多分内装工事が入って入居可能になるまで1ヵ月位かかってたし、道で暮らしてた風姫を毎日「今日も居るな」とか無事確認しながら過ごす期間が更に延びてたら、それはそれでまた辛かった。でも今だちょっと悔しいけど(笑) その隣の部屋には8月中旬に人が入った。多分8月の奥炭堪があった週末だと思われる。 週明けに仕事から帰宅して電気が点いているの気づいた。 で、もうひと部屋は私が最初に見に来た頃から空いていた部屋。 2Fのひと部屋がフローリングで家賃が少し高い。私はどっちにするか迷って、どうせカーペット敷くしって今の部屋にした。 で、少し前にそこにも人が入った。 この前の月曜かな、ご挨拶があった。私と同年代〜もう少し上?って感じの女性の方でした。ペット可住宅で、何か連れてきたかなぁって気になったけどその時は聞けなかった。 でも、次の晴れた日に窓の外にキャリーバッグが干してあった。やっぱり何か飼っている。そうなると犬なのか猫なのか気になる。 元から住んでいる人で動物飼っている人は犬らしい。うーん、次は猫だと何だか嬉しいなぁ。って思ってたら、1Fの窓に猫用出入り口が付いていた。猫だっ! しかし、一応ここは室内飼いが決まりなのだけどね。猫が外に居てうろうろしてるのは可愛いのだけど、周りに畑とかあるし猫が迷惑かけて、猫飼うのが難しくなるのは嫌だなってのがある。まあ、猫用出入り口は現在元もとの窓が閉まっているので閉鎖されてるから良いけどね。 しかし、あまり気配しないよなぁ。本当に居るのかなぁって思ってたら・・・、この前居ました1Fの窓とカーテンの間に引っ付いて寝ている白黒さん発見! 風姫も同じ場所で同じ用に引っ付いてることがままある。うーん、猫って気に入る場所一緒か(笑) ちなみに、気配しないなって思ってたけど、うちもあまりしないよな、多分。 猫って結構静かな生き物だ。 そういえば、引越の挨拶に来られた時、結構うちの奥の方気にされる様な感じでした。もしかしたら、猫が出て来ないかなって気にしてたのかも。出てきたら「うちも」って話題に出来るし。しかし、うちのもあまり人が来ても外に出ないしなぁ。 その時は窓にも張り付いてなかったし。

写真は人の家の窓に張り付いている猫はとってませんので(曇りガラスだし)、うちの風姫です。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

ヘビ餌

最近日記さぼり気味。風姫に留守番させて温泉行ったりとかしたのだけど、その後の仕事が遅番だったりして、なかなかゆっくり書く気がおきませんでした。 1日位の留守番は大丈夫っぽい。吐いてたけど・・・<大丈夫なのか? でも、その後かなり甘えてから、何故か活発になった。 それまでおもちゃで遊ぶなど余りなかったのが、結構じゃれたり遊んだりするようになりました。幼児返り?

ところで話は変わり。最近席が隣になったHさん。
昨日仕事中にちょっとため息。朝、『たまちゃん』が逃げちゃったとのこと。周り中、犬?猫?それともハムスターとかの小動物?とか思ったのだけど・・・、『たまちゃん』とはヘビでした。朝、水槽だかのフタの隙間から部屋に出てしまったらしい。まだ細い子らしく、気づく前に新聞をゴミに出したりしてしまい、「その間に入ってたらどうしよう」などかなり心配してました。見つかる前に出勤の時間になってしまい、風呂の排水溝などにネットでフタをしたりして出てきたとのこと。
本日聞いたら、押入れから見つかったそうですが。良かった♪

両生類とか爬虫類も嫌いじゃないので、写真見せてもらったり色々聞いたりした。
たまちゃんは白っぽくて目がクリッとしててなかなか可愛い。抜け殻とかも見せてもらった。クリッとした目の部分が空いている抜け殻はなかなかリアルだ!(笑)
結構ヘビでも懐くらしい。
今はまだ細いたまちゃん。いつか太く長くなったら、首に巻きつけるのが楽しみとHさんは言っておりました。うーん、嫌いな人なら卒倒物(笑)

そうそう、餌はどうしているのか聞いたら、餌用のネズミがあるらしい。
たまちゃんはまだ小さいヘビなので餌のネズミも小さい子ネズミサイズらしい。大きさによって餌用ネズミのサイズも色々あるとか。あっ、ちなみに生餌ではなく冷蔵庫で保管らしい。
ふとそれ聞いて、猫の完全食ってのもネズミとかの小動物なんだよなぁっての思い出した。
本当は小動物を丸ごと食べるのが健康に良いけど、それが出来ないから手作り餌は色々大変だし、そのためのキャットフード。
なら、もしかしてネズミをあげるのは健康に良いのでは・・・?とか一瞬考えたりしたのだけど。でもヘビは餌丸呑みだからいいけど、猫は丸呑みしないからなぁ。
風姫は特にご飯をいっぺんに食べない性質だし、食べ残したネズミを置いて置かれてもなぁ・・・。腐りそうだし。
つーか、あげたとして彼女はちゃんと餌として認識するのか?
色々疑問はありますが・・・、とりあえず試す予定はありません(笑)

ヘビとかカエルも可愛いけど、やはり私はフカフカしたのが良いなぁと思う秋の夜更け(いや、夏はフカフカしてるのでなくても良いってことでもない。あと、フカフカしててもタランチュラとかは嫌です)。
写真は隅田川の永代橋。会社を出る時間はちょうど夕方で空がほんのりピンクがかって気持ち良い。そして空気には金木犀の香り。ちょっと寂しくて、なかなか好きな季節です。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »