« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

肉加工品三昧!

20121028

本日、秋の第1回目奥炭堪でした。
朝の八千代は薄い雲の広がる青空でしたが、東京では天気が悪いらしい。さてさて天気はどうなるか?

予定通りの電車で中野に向かい、ホリデー快速に乗車。三鷹でふむさん他、皆様と合流。
それにしても、こんなに空いている行きのホリデー快速は久々かも。いつもは御嶽辺りへ向かう登山客が沢山居るのですが、今回は見かけませんでした。
途中、青梅の辺りかな、外では結構降っているのが見えたのですが、御嶽に停まった時はかなり小雨。奥多摩へ付いた時は止んでおりました。
素晴らしい!

買い物を済ませ、傘を差す必要もなくいつもの氷川キャンプ場へ。ぷよさんご夫婦とも無事合流。
今回は屋根のある場所(結構よいスペースだ)を確保し、準備を始めます。

201210281
居並ぶ食材の数々。
今回は肉、加工品三昧、ベーコンたっぷり祭りです。

201210282
着々と準備。

201210283
素敵なベーコン達(&じゃこ天)。

201210284
さてさて、順次、焼きに入ります。

201210285
こんがり~♪

201210286_2
餃子も熱々でした~!

そうそう、ずっとやってみたいと思っていたカチョカバロ。焼いて食べるチーズです。
採用して頂き、準備しました。

201210287
切る前はこんな感じ。

201210288
鉄板を熱くして、強めの火でカリッと焼いてひっくり返します。
トロッとして濃厚で 旨かったです!

他、カリッと香ばしいソース味のコンビーフとか丸ちゃんハンバーグ、ぴりっとしてお酒が進むハラミや良い塩加減のトントロや手羽などあったのですが、全然撮りきれませんでした。

そして食材も、ケバブなど、たどり着けない物も。
ケバブは一部頂いてきたので、明日作ってみる予定です!

さて、雨ですが。バーベキュー中は結構降っていたこともあったのですが、撤収して奥多摩駅へ向かう時はまたまた大丈夫でした。
電車の中では幸せに爆睡。しかし下界はやはり雨。
帰宅した八千代も結構降っておりましたが、今日止めていた駐輪場は移動しなきゃだったので、私は「エイヤー!」と自転車を飛ばして帰宅しました。
帰宅後のお風呂が気持ち良かった~。


さて、おまけ。
ふむさんが見つけた看板。便乗して私も写真に収めました。

201210289

つり餌を売っているお店だったようですが、このキジってのは・・・?

既にふむさんが調べておりました。ミミズのことだそうです。りんたろう君か。
『この呼称は「釣り針を刺した時に黄色い体液が出ることに由来」したものなんだそうです!』だそうです。
ふえ~~~(汗)

| コメント (7) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

シフトは間違えない!

20121010
※今日の事は書くかを悩んだのですが、やはり自分的に整理してどこかで一区切り付けたく、書くことにしました。

本日、本当は9時出社シフトなのだが、すっかり12時出勤と勘違いしていた私。
通常、誰かとシフト交替したり調整が入らなければ9時→12時→10時出社の順番でシフトは廻っている。最近調整も多いが、今回は通常シフト。昨日が10時だから今日は9時。昨日の昼間には分かっていたはずなのに、昨晩位から勘違いが始まっていた。
月曜の祭日に急遽、他部署でのヘルプがあって、その関係もあったと思う。
そして出社しなかった9時過ぎに何度か会社から電話があったのだが、最近何かの勧誘(0120から掛かるので)のTELがあって無視してたりしてた。今日は12時出社のつもりだったので昨晩遅く寝たし、「朝一で掛けてくるかー!」と思ったりしていた。気づいて会社に連絡したのは10時。なので12時からの出社にすることにしてもらった。

12時出社なら、いつもそのシフトの時に乗ってる電車に乗る。
余裕で座れる時間なので携帯を見たり本を読んだり。
快速なので西船橋の次は浦安。通過する南行徳の駅に差し掛かった時だった。
「急停車します おつかまり下さい 急停車します おつかまりください・・・」のアナウンス。
最初、地震だと思った。前にもそれで急停車あったし。
でも、ちょうど南行徳の駅を通り過ぎるところ。そして、多分警笛が鳴ってたのだと思う。なんかこの辺りあやふやだが、自分的に「これ、やばいだろ」と嫌な予感がしたんだ。傍の手すりにしがみついていた(端に座っていた)。

乗っていたのは多分前から2両目。警笛が止んだ時だったか(やはりあまり覚えていない)、「あっ!」と思ったとき、車両が「ガタンッ」と何かを乗り越えたんだ。自分の考えが間違ってなければ、これ、やばいよ。絶対やばいよ!
そしてやっと列車が停まる。私がやばいと思ったのと裏腹に、何故か他の乗客の人たちはあまり気づいてないっぽかった。
でも、私の「やばい」を裏付けるように、すぐに人身事故発生のアナウンス。
「これはしばらく掛かるだろう」と、電車の中だけど(出られないし)、会社に電話した。

外ではしばらく検証してたのだと思う。その後、乗客は最後尾車両から下りることになった。
前に乗ってる人は後ろに移動するが、みんな結構静かに粛々と行動している。今まで、他の駅で事故があって電車が停まったことは度々ある。そうした場合、「どこの駅だよ?」とか「何があった?」とかザワザワしてたと思う。
しかし、ある意味当事者になると、結構静かかも。
私は「ガタンッ」の余韻で、なんか泣きそうな、薄ら寒いような感じ。
後ろが詰まるので、前の乗客は時々途中の座席で待ちながら下りてた。中で、座席に座ってた若いサラリーマン風の人。汗だくで目を見開いて泣きそうで、誘導の駅員さんからも「気分悪いですか?」と聞かれて「大丈夫です」と言ってたけど、あれは私以上に何か感じちゃった人なのではないのか。

移動途中、向かいの線路にスニーカーが片方だけ落ちてるのが見えた。
汚れていない綺麗なスニーカーで、ユニセックスなデザイン。そんなに大きくはなかった。

後ろの車両はまだホームにいたので、線路に下りることはなく、1番後ろのドアから降ろされる。ホームは凄く静かだ。だれも乗っていない担架が置かれていた。
その時は「妙に静かなんだな」としか思ってなかったけど、結局それって急いで助けるべき人が居ないってことだったんだと後になって思う。
改札前は混んでいて、すぐに外に出られない。待っている時に空の担架が出て行きました。
この後会社に2度目の連絡をし、休む旨を伝える。「気分が悪くなったので」と伝えたが、物理的に気分が悪いのとは違うかも。なんだろう。怖いというかゾクゾクするというか、虚しいとか無力感とか、なにかそんな物がすぐ側にある感じで、精神的にダウンしていた。

私達が出られなかった間も電車は停まっていたわけで、外はバス待ちのすごい行列。南行徳からは新浦安方面にしかバスがないのだ。距離的には都営新宿線の一之江も近いが、バスはない(東京と千葉で壁があるのか?)。
元々住んでいた南行徳。駅から少し離れてゆっくり出来るファミレスなども知ってたが、しばらく行く気にならず。

201210101
近くにある広い公園へエスケープ。ちょっと落ち着く。同僚にメールしたりとか、しばしのんびり。

会社を休みにしたはいいが、帰りの電車だって動いていない。ぶらぶらすることにする。

201210102
あまり行けなかったのだけど、好きだったオンドリ。

201210103
噂では知ってたのだけど、閉店したんだよな。
あのいつも楽しそうに料理をしていた店主の方、如何されてますでしょうか?

この近くに私の南行徳3つ目の住処がある。ここに住んでいる時にふきこと出会った。

201210104
手前のとか、奥の大きいのの上によく居たんだ
奥のは昔は上のフードみたいのがなかった。ふきこを引き取った後も、たまたま寄った時に、沢山猫が乗っていた。今は近辺に猫は居ませんでした。

電車は13時には復旧予定だったのが13時半になった模様。
この機会に、ダイエーに入ったというコメダ珈琲店に行ってみました。

201210105
熱いおしぼりとか、冷たくて温かいシロノワールとか珈琲とかで少し癒される。
ふきこを拉致した日、勇んで掴まえに行ったら居なくて「あせってもしょうがない」って開き直り、時間をつぶしに行ったのもダイエー。(今はなき)ウェンディーズでお茶したんだった。なんか南行徳のダイエーに、気分を入れ替えるスポットとして私は何度も助けられているようである。

やはり色々考えてしまう。
事故だったのか、飛び込んだのかとか。普通飛び込みって、電車が入ってくる後ろのホームではないのか?今回は前の方だよなぁ、とか。
そして、向かいの線路に落ちていた、綺麗なスニーカーの意味とか(南行徳で朝の下りはそんなに混雑は考えられないので、ラッシュで落としたはないと思う)。
飛び込んだ時、綺麗に向こうに飛ぶか?もしかして、向かいのホームから線路に下りて、その上で、こちらのホームに?その時靴が脱げた・・・?とか。
変に想像力過多なので・・・。

自宅最寄り駅に降りて、家までの道、コスモスが綺麗に咲いていました。空も綺麗だ。
誰だっていつかは死ぬけど、この世もまだまだ綺麗だよ?
家に帰ってから、ぶらぶらとコスモスの写真を撮りに行きました。
TOPの写真から、コスモスを手向けます。

とりあえず、今回の教訓。

『シフトは間違えない!』

そして。
ご冥福をお祈り致します。

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »