« 2014年3月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年4月

2014年4月16日 (水)

桜と日本酒の旅

20140415

4/11から2泊で松本に旅に出ました。
元々、桜の時期の長野に行きたいとずっと思っていて、そこに12日に松本で日本酒のイベントがあることを知った。休みを取るなら予め予定を立てる必要があるが、桜がいつ咲くかは休みを取る時点では予測出来ない。なら、他の予定に合わせて行って、桜も見られたらラッキーということで計画を立てる。
本当は諏訪に訪ねたい桜があったのだが、どうもそちらの開花は松本より更に遅いらしい。宿は松本で取ったが、行き方はバスで諏訪経由にするか松本直行にするかギリギリまで悩み、どうもやはり諏訪の開花はまだのようであるため、松本のみ訪ねることにする。

201404151

新宿の高速バスターミナルから出発です。

201404152

山梨の一宮町の辺りの桃の花。1度この季節に運転しながら見たことがあり、もう1度じっくり見たかった風景。周り中景色が桃色に染まっているのです。今回、願いが叶って堪致しました。

201404153

さて、13時過ぎに松本到着。お腹が空いている。駅前で鴨せいろを頂きました。
その後、ホテルのチェックインまではまだ時間があるので、松本の街をブラブラ。

201404154

201404155_2

201404156_2

2014041571_4

蔵のある通りを抜け、繩手通りへ。おお!綺麗に咲いています。女鳥羽川の河原も綺麗に整備されたなぁ。

201404157

201404158

四柱神社でお参り。境内の枝垂桜は少し早いかなって感じですが、ちらほら花を付けています。

201404159

2014041510_2

2014041512

2014041511

 

繩手通り商店街にカエル大明神。今年のカエルまつりは6/21、22だそうです。
私は2003年に見てますが、その時は雨だし人も少なく、なかなか地味なお祭でした。しかし10年以上続いているのか。
まだあんな感じでゆるゆるやってるのかとか、色々気になるところです。

2014041513

見上げる空は真っ青で気持ち良い!風は冷たいけれど、日差しは暑い位でした。

さて、そんなことをしているうちに、ホテルのチェックアウトが可能な時間になりましたので移動。
今回はゆっくり温泉に入りたく、浅間温泉に宿を取りました。しかし冬にも旅行をしていてあまり余裕はないので、安ホテルです。

チェックアウト後はすぐに浅間温泉をブラブラ。行ってみたかった日帰り温泉があるのです。

2014041514

偶然見つけた碑。今はもう大丈夫だけど、ちょっとウルッと来る言葉。

松本では色々な人と出会って、仕事はそれなりに大変なこともあったけれど、でもあの時のメンバーは最高だなって感じも有り。そして見回せば山。
あの職場がなくなって湘南に異動して、松本で皆で色々大変な思いしながらもワイワイやってたあの時間と、そして長野の風景にかなりホームシックになっていた。
本来の言葉の意味と同じではないかもしれないけれど、そんなことを思い出したのでした。

2014041515_2

地元の人が温泉を汲む場所。
そういえば、住んでいる時は浅間温泉はゆっくり来たことなかったのだよな。
郵便の配達局が浅間温泉の郵便局だったので、郵便を受け取りに来たりとかはしょっちゅうしてましたが、町中をブラブラ歩いたことはなかったなぁ。

2014041516

ブラブラ歩いて、枇杷の湯到着。
昔旅館だった建物を利用した日帰り温泉です。

2014041517

浅間温泉の奥まったところにひっそり建っている。静かだ!

2014041518

中も渋くて良いです。
流石にお風呂の写真は撮れないですが、平日の昼間で空いていた。露天風呂は檜風呂。気持ち良かった~!
3月末から4月に掛けて仕事が忙しく、ご褒美に温泉でもって気分もあったのです。
こちらの露天の檜風呂はご褒美感、満点でした!

さて、翌日。
松本の友達に預かって貰ってた物があり、午前中に会いました。
お茶飲んで、久しぶりにゆっくり話せて良かったよ。

喫茶店の外、薄川沿いは桜が綺麗。私はここからブラブラ歩くことにする。

2014041519

2014041520

この日も良い天気で、遠くに北アルプス。常念もくっきり!

2014041521

桜のアーチが見事です。

2014041522

さて、午後からは日本酒のイベント。『おらが酒 呑み歩き』です。まず、駅から近い松本花時計公園へ向かいました。

2014041523

中央に控える鏡開き用のお酒。
実は上のフタは割りやすいように既に開けて乗せてあるだけだった。実行委員の人たちが準備中にそのフタを落としちゃい、皆が開会を待って注目している時だったので、失笑を買っていました。あらあら(笑)

2014041524_2

気を取り直し、鏡開き!

2014041525

システムとしましては、チケットと引き換えにこのお猪口と首に掛けるカードを貰い、後はお酒は飲み放題というものなのです。
チケットは前売り1000円、当日は1500円。私は前日に松本に付いたので、前売りを購入することが出来ました。

2014041526

おつまみは別料金。キュウリは味噌付きで100円。豚の塩麹焼き350円とか、イベントにしては良心的な価格だと思います。

今回、行くとは決めてたけれど、それ以外のルートとか立ち寄る場所等が直前まで決まっていなかったので、他の人に声は掛けていませんでした。
でも、午前中に友達とちょっとだけ会ったりとかもあり、少し寂しい気分もあった。
そうしたら!!
突然声を掛けられた。えっ!松本時代の仕事の同期、やはり酒好きで、このブログにも何度も登場しているMさん!Mさんも彼氏と一緒に来ていたのでした。
嬉しい!
その後はMさんと、その彼で以前にも一緒に飲んでいるTさんと飲みまくることに(笑)

松本城大手門の会場にも行き、松本城へ移り・・・。

2014041528

写真はMさんとTさん。
最後はお店で飲んで、お開きに。とても楽しかったよ~!

2014041529_2
2014041530_2

かなりへべれけな状態で見た松本城のライトアップ。とても綺麗でした。
今回、やはり行って良かった~!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてさて、楽しい旅も終わりましたが、本日もお休み。
来月からしばらく研修で休みは取れなさそうなので、4月はちょこちょこ休みいれてました。

今日は渋谷の松涛美術館で『ねこ・猫・ネコ』展見ました。

千種掃雲『木蔭』、好きだ~!臼などがある田舎の風景の中、猫が寝ているという絵。陰が濃い夏の午後、涼しげな風が吹いて、日向の香りがしそう。この風景はずっと見ていたい感じでした。

寺井力三郎『寝る子』も良かった。子供と猫が一緒に寝ている風景。平和な様子の絵。

仁阿弥道八『黒楽銀彩手焙』、陶器の作品。背中が開けられるようになっていて、炭を入れると耳から煙が出るらしい。猫の丸くてふんわりした感じそのまま。そして笑っているような顔はふきこにも通じる丸顔の猫だ。これは可愛い!

劉埜齢『斑猫』、毛の質感、あと猫の後頭部から耳に掛けての感じがリアルでふんわりした感じ。これも好きです。

会期中、展示物の架け替えもあるようで、チラシに出ていた原在正『睡猫図』はなかったな。これも好みの感じ。見たかったな。

そして、夕方からは映画『ホビット 竜に奪われた王国』を見てきました。
残念ながら時間が合わず、2Dです。
レゴラスにまた会えた~!
LotRの時のレゴラスはクールで寡黙だけど、結構気がついて優しいイメージがあったのだけど。今回は結構ホットで饒舌(笑)あの時より若いって設定だからだろうか?
それにしても、LotRも再度見たくなっちゃったのでした。映画で未公開だったシーンを追加したDVDもあると聞いたことがある。しかし、全部を通しで見るとかなり体力使うよなぁとも思うのでした。
さて、明日からまた仕事だ。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

うつくしい人

最近読んだ本について。『うつくしい人』。大好きな作品、『きいろいゾウ』を書いた西加奈子さんの本です。
たまたま手に取り読み始めた時、仕事で大ポカをやらかした直後。主人公も仕事の失敗で会社辞めちゃうし、暗いし、旅に出る話だけど、旅立つ開放感もないし。読んでると段々暗くなりそうでどうしようと思いつつ、しかしなんだか読み進む。
読める気分の時にゆっくりと、途中美味しそうなビールに後押しされつつ、何とかやめないで読み進んだ。そして、進むに連れて段々自分も元気になってきた。
最後は美味しいビールが飲みたくて、静かなお店でビール飲みながら読みきりました。ああ、なんか元気になった。

あとがき読んで、作者が書いた時の気分と自分の気分、かなりリンクしてたんだって思った。

私も、物語を書き終わる頃には、面倒な中二の部室から出て、卒業式手前の落ち着かない中三、くらいまでの回復を見せました(あとがきより)

行きたい部署への異動が決まって、浮き足立たないようにしようと思ってたのに、仕事で大ポカ。大丈夫か自分?異動の話はどうなる?とかで落ち込んだうえ、不安。でも、同僚は結構笑い飛ばしてくれて、鬱々しながらも自分も笑って、そのうち段々元気になって。猫にだって助けてもらって(これもあとがきにもあったのだ)、元気になった。異動の話も大丈夫だった。で、今は(1つ前のブログにも書いたが)卒業式目前。
まきさん(主人公)も私も、きっとまた落ち込んだりするんだろうけど。でも、また元気になり、それを繰り返していくんだ。きっと、大丈夫!

自分で不幸になれる人は 自分で幸福にもなれる(あとがきより)

この今のタイミングでこの本に出会って良かった。そして私が落ち込んでいたとき、周りで励ますでもなく笑い飛ばしてくれた、私の坂崎さんやマティアスに感謝です。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年8月 »