« 食べて、祈って、戦って(ingress活動記録) | トップページ | 今年もお世話になりました »

2016年10月23日 (日)

歩きたいなぁ

20161023
なんかとても久々の更新になってしまいました。
今までのことも色々書きたいことはあるのだけれど、とりあえず今回は読了した本について。
読んでいる間に感じたことをとりあえず残しておきたく、ブログを開いております。

読んだのは北村薫『八月の六日間』。
雑誌の編集者をする女性主人公が、忙しい合間にひとりで山に行くエピソードで綴られる小説です。

私はここまで忙しい仕事をしているわけじゃないし、ハードな山にも登らないのだけど。
でも主人公の彼女の感覚と、私がひとりで旅に出る時の感覚がとても似ていて、かなりの親近感を覚えました(しかし、作者は男性なのです、びっくり。もともと、女性じゃないかと間違われることが多い作者です)。

そして、読みながら、昔に上高地を歩いたことを思い出しました。
まだTwitterなどないころで、たまに友達にメールを送る位で、あとは黙々と歩いたなぁ。

小説の中で主人公は色々な人と出会ったりすれ違ったりするわけなのですが。
私が上高地に行った時も、色々な方と言葉交わしたりすれ違ったりしました。
上高地の奥の方、徳沢ロッジに泊まった時は、ハードな女性クライマーと同室になりました。夕方遅くに到着した彼女は、「途中アイゼン片方落しちゃったみたいで…。蝶ヶ岳は思ったより雪多いし、片足が埋まって抜けなくなったけど、この時間に下りてくるひとなんてもういないだろうから、必死に下りてきたわ」と言っていた。
そして、翌日は4時に出発して東京に戻り、そのまま出勤するとのことで、朝起きたらすでにいらっしゃらなかったのだけど。前日の寝る前にちょっとだけ伺った話はとても面白かったです。

それから、昼間にロッジの玄関にいたとき、そばの公衆電話で話していた男性。
ご家族への電話だったようだが、「今、徳沢に着いたよ。うん、横尾でラーメン食ってビール飲んだ。大丈夫、大丈夫、もうあと下りるだけだから明日には帰れるよ」と報告していた。ホッとした感じの笑顔。そうだよね、ご家族は心配だよねぇ。

本を読んでいる間中、そんな山の空気を懐かしく思い出していました。
とりあえず高い山は無理なのだけど。危なくない程度にまた山を歩きたいなぁと思っています。とりあえず東京近郊を軽く歩く位かなぁ。
そしてまた上高地にも行きたいな。小説にも出てきた、私も大好きな場所の白駒池。
なんか懐かしく、山の空気の匂いを思い出していたりします。

※ロッジで同室の女性と電話で話していた男性の会話は、当時に書いていた旅行記が見つかったので、そこからコピペしました。

« 食べて、祈って、戦って(ingress活動記録) | トップページ | 今年もお世話になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1044952/68086761

この記事へのトラックバック一覧です: 歩きたいなぁ:

« 食べて、祈って、戦って(ingress活動記録) | トップページ | 今年もお世話になりました »